2014年11月

あっという間に今年が終わります

あっという間に今年が終わります

(公開: 2014年11月29日 (土))

 15年間ずっと、専業主婦をしていた私が、最近短時間のパートに出ています。 慣れない仕事で、毎日アタフタでくたくたな毎日です。 家事や育児もありますから、体は疲労がたまってきました。 それと、時間があっという間に過ぎてしまいます。 もう、今年もあと2か月ぐらいしかありません。 自分の趣味をすることもできなくなりました。 休日は、ゆっくりする間もなく、たまっている家事や、子供の行事があると、バタバタして終わります。 体を復活せずに、また仕事が始まりますから、ストレスと疲労が蓄積されている状態です。 自分にご褒美を与えなければ、やる気が起きない感じがしてきました。 私が考えるご褒美と言えば、温泉でリラックスか、欲しかった洋服や雑貨を購入するすることぐらいしか、思いつきません。 会社の人は、家族で温泉旅行に行くと行っていました。 そこまでは、金銭的に無理なので、できませんが、アウトレットへ行って、買い物もいいかもしれません。 何か楽しみが無いと、やる気がおきませんね。http://即日お借入24時.com/

姪と電話と私

姪と電話と私

(公開: 2014年11月 5日 (水))

休みの日に家にいると、午後3時ごろに毎回のように電話がかかってきます。 電話の相手ははっきりしています。両親の仕事場に遊びに来る姪です。 まだ1歳と数カ月の彼女の最近のお気に入りは電話らしく、リモコンだろうとパソコンのマウスだろうと、それらしい形の物は何でも受話器のように耳に当てて遊んでいます。電話のボタンを押すのも、呼び出しの「プルルルル...」の音も好きなので、母が姪を喜ばせようと、掛けても迷惑にならない我が家に毎回電話をするのです。 ところが、いざ受話器を取って「もしもし」と言うと、姪は一切反応しないのです。母や義姉がどんなに「ほら、もちもち(もしもし)は?」と促しても無言。 どうやら彼女の中で、電話と言うのは受話器を耳に当てたりボタンを押すまでのもの、そういう認識で終わっているみたいなんですね。 だからいつも最後は無言で電話を切られてしまい(笑)、残された私は受話器を持って立ち尽くす日々...。 姪が電話越しに「もしもし」と話してくれるのはいつの日になる事でしょうか。 借金返済すぐ楽にしたいあなたへ楽になれる最新情報